街路・連立・新交通

鉄道沿線まちづくりの推進

鉄道沿線まちづくりガイドラインの策定について(平成27年12月)

 我が国では、人口減少・高齢化を背景に、都市サービス、都市経営の持続性の低下が懸念されています。このような背景の中では、鉄道沿線を軸に都市機能が集積するという構造を活かしつつ、交通結節点である駅周辺に福祉、子育て支援、買い物等の生活支援機能を誘導するとともに、拠点病院、大規模商業施設、文化ホール等の高次の都市機能については沿線の市町村間で分担・連携し、あわせてサービス向上等によってフィーダー(支線)交通を含む公共交通機能の強化を図る「鉄道沿線まちづくり」に取り組むことが重要です。  

 そこで、大都市郊外部や地方都市周辺の鉄道沿線において円滑かつ効果的に「鉄道沿線まちづくり」が推進されるよう、地方公共団体及び鉄道事業者等の連携に向けた場づくりの方針を示すために、今般、「鉄道沿線まちづくりガイドライン」を策定しました。

  ◆鉄道沿線まちづくりガイドライン(第一版)【概要】(PDF)

  ◆鉄道沿線まちづくりガイドライン(第一版)【本編】(PDF)

これまでの取組

 ◆平成24年度 沿線地方公共団体と鉄道事業者による勉強会(沿線まちづくり勉強会)

 ◆平成25年度 沿線地方公共団体と鉄道事業者による勉強会(沿線まちづくり勉強会)


 

Get ADOBE READER

(別ウインドウで開きます)

  PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
  Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る